清掃


ビルにとって計画的・適切な手入れは、単に美観を保ち品位を上げるばかりでなく、ビル内の衛生的な環境を保ち更に建物の耐用寿命を延ばすことに繋がりますので、ビルの運営・管理上極めて大切な仕事となっております。
特に現代建築は、使われる建材も多種多様となっていますのでその特質を見極め最も適した資材・器具及び方法を選定する事により運営・維持の適切化をはからねばなりません。



・建物及び施設内外の日常的清掃業務
・床、壁面、天井その他必要箇所の定期的清掃業務
・廃棄物の収集及び処理管理業務
・病院、大学及び研究所等の清掃に関連する業務
・その他建物及び施設固有の清掃に関連する業務

・各種照明器具、ブラインド及び給排気装置等のクリーニング作業
・机、椅子、書棚及びロッカー等の什器備品のアク洗い
・応接セットその他インテリア類のクリーニング
・間仕切り、壁面及び天井等のアク洗い

・ビルの窓ガラス、装飾ガラス及び鏡類の清掃・コート作業
・サッシ、金属カーテンウォール等のクリーニング
・石材、タイル及び煉瓦等の外壁クリーニングとコート作業
・看板、広告塔その他高所清掃作業

・各種カーペットのメンテに関する研究、指導及びクリーニング作業
・カーペットの敷き込み工事及び補修作業




高度な技術水準と知識を持って、従来の“汚れた箇所をきれいにする”という清掃ではなく、いかにして適切なコストで汚れを防ぎ、美観を維持するかという予防清掃の視点に立った清掃管理業務を行います。

■ ビルの実状に即した作業計画に基づき、日常・定期・随時の作業区分に従って効率的な作業を行います。
■ 作業のマンネリ化を排し、週間・月間の重点作業を上げ、アクセントのある作業を行います。
■ 身許・人物の確かな正社員を常駐させ、主任・班長を中心とした有機的作業体制をとります。
■ インスペクション(チェックシステム)により、監督員・主任は常に清掃効果を確認し、業務へのフィードバックを行います。
■ 従業員の研修教育を行い、業務の質的向上を目指します。







Copyright(c)2003. AZUMA Co., Ltd. All rights reserved.